荒廃(読み)こうはい

精選版 日本国語大辞典「荒廃」の解説

こう‐はい クヮウ‥【荒廃】

〘名〙
① 建物や土地などが荒れて役に立たなくなること。荒れはてること。
※令義解(718)田「凡公私田荒廃」 〔論衡‐時〕
② 生活、感情、組織などの内容がすさみ、くずれてしまうこと。「人心が荒廃する」
※南海先生後集(18C中)詠懐二首「多病又荒廃、留滞江都東

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「荒廃」の解説

こう‐はい〔クワウ‐〕【荒廃】

[名](スル)
建物や土地などが荒れはてること。「戦争で国土が荒廃する」
荒れすさむこと。「人心の荒廃した社会」
[補説]書名別項。→荒廃

こうはい【荒廃】[書名]

原題、〈スペインDesolaciónミストラルの第一詩集。1922年刊。1914年に発表され国民詩歌賞を受賞した処女作「死のソネット」を収める。別邦題「寂寥」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android