コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒廃 コウハイ

デジタル大辞泉の解説

こう‐はい〔クワウ‐〕【荒廃】

[名](スル)
建物や土地などが荒れはてること。「戦争で国土が荒廃する」
荒れすさむこと。「人心の荒廃した社会」
[補説]書名別項。→荒廃

こうはい【荒廃】[書名]

《原題、〈スペイン〉Desolaciónミストラルの第一詩集。1922年刊。1914年に発表され国民詩歌賞を受賞した処女作「死のソネット」を収める。別邦題「寂寥」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうはい【荒廃】

( 名 ) スル
荒れてすたれること。荒れはてること。 「祖国が-する」
うるおいのある状態でなくなること。すさむこと。 「 -した生活」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

荒廃の関連キーワードフリードリヒ・ウィルヘルム比曽寺・比曾寺・比蘇寺ジャックリーの乱パータリプトラ川成り・河成り寒帯砂漠土壌浮雲(映画)ルーデラル岩阿須波束麻呂荒れ果てる洛陽伽藍記東洋の奇跡サンミゲル京都御苑輪換放牧城南寺祭緑化運動坂口安吾土壌浸食ひとり言

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒廃の関連情報