グラン・ブールバール(読み)ぐらんぶーるばーる(英語表記)les Grands Boulevards

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラン・ブールバール
ぐらんぶーるばーる
les Grands Boulevards

フランスの首都パリの中心部、セーヌ川右岸にある大通り(複数)の通称。東のバスチーユ広場から西のマドレーヌ教会前の交差点に至る大通り群をさす。東からボーマルシェ、タンプル、サン・マルタン、サン・ドニ、ボンヌ・ヌーベル、ポアソニエール、モンマルトル、イタリアン、マドレーヌの各大通りが含まれる。シャンゼリゼ、オペラ座通りと並ぶパリ有数の商店街。14世紀後半シャルル5世によって建設された囲郭(城壁)を、ルイ14世が撤去してその跡を遊歩道とした。[高橋 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android