コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリッドコンピューティング ぐりっどこんぴゅーてぃんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

グリッドコンピューティング

ネットワークを張り巡らせたコンピューター間で巨大な仮想コンピューターを構築し、その能力を一元的に集中あるいは分配するコンピューターの利用方法。大量のPCを接続すれば、従来のスーパーコンピューターをしのぐ性能を発揮することなどで注目を集めた。原理的にいえば、従来のスパコン複数サーバーブレード(PC)をエンクロージャーに収容したブレードサーバーも、ネットワークで協調して動くグリッドコンピューターの一種と言えるが、学術や技術計算以外に資するコンピューターをグリッドコンピューターと呼ぶことは少ない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

グリッドコンピューティング【grid computing】

インターネットなどのコンピューターネットワークを通じて、複数のコンピューターを結びつけて利用する技術。同時に複数の処理を実行させることで、スーパーコンピューター並みの高速処理が可能となる。◇「分散コンピューティング」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

グリッドコンピューティング【grid computing】

〔グリッドは格子の意〕
ネットワーク上に存在する複数のコンピューターを連携させ、分散処理を行うことで、個々のユーザーが必要とするだけの計算資源(処理能力や記憶容量)を利用できるようにすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

グリッドコンピューティングの関連キーワードスマートグリッド記憶容量ユーザーCELL分散処理格子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android