コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリッド・コンピューティング グリッド コンピューティング

2件 の用語解説(グリッド・コンピューティングの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

グリッド・コンピューティング

インターネットなどのネットワークを通じて、サーバーパソコンなどの複数のコンピューターを結び、仮想的に巨大で高性能なコンピューターを作る技術。ユーザーは必要なときに、必要な分だけ処理能力や記憶容量を利用できる。電力網を意味する「パワーグリッド」から取っている。構成する1台1台のコンピューターの処理性能は低くても、大量のPCを接続して並列処理を行わせれば、従来のスーパーコンピューター並みの性能になり、高速に大量の処理を実行できる。科学技術分野から利用が始まり、企業での業務利用も始まりつつある。国際的に技術の標準化や情報交換の場として、グローバル・グリッド・フォーラム(Global Grid Forum、GGF)が形成されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

グリッド・コンピューティング

ネットワークに接続された多数のコンピューターのうち、しばしば能力の一部しか活用されていないコンピューターに自動的に仕事を分担させ、大容量・高速のコンピューターと同じ性能を実現する計算方式。アーキテクチャーとしては、PCクラスターがネットワーク規模に拡大している形態とも解釈できる。もともと計算能力の相互利用から始まったが、現在はデータベースや周辺の実験装置まで共有、融通し合って、高効率・高機能なネットワーク計算技術の実現を目指している。

(星野力 筑波大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グリッド・コンピューティングの関連キーワードインターネットエクスチェンジインターネットワーキングVoIPインハウスネットワークテルネット電子ネットワークネットワークトラフィックネットワークバイトオーダーWIDEインターネット

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グリッド・コンピューティングの関連情報