コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリプタル樹脂 グリプタルじゅしglyptal resin

世界大百科事典 第2版の解説

グリプタルじゅし【グリプタル樹脂 glyptal resin】

グリセリンとフタル酸を主原料とするアルキド樹脂で,グリセリンglycerineのグリgly,フタル酸phthalic acidのフタルphthalから名づけられた(GE社の商品名)。グリプタル樹脂のみでの用途はなく,この系に乾性油あるいは不飽和脂肪酸などを加えて変性し,常温硬化性の塗料用樹脂または焼付塗料用樹脂として用いられる。アルキド樹脂【森川 正信】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グリプタル樹脂の関連キーワードメラミン樹脂塗料ポリエステルマイカナイト

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android