コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリュクスボー朝 グリュクスボーちょう Glücksburg

1件 の用語解説(グリュクスボー朝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

グリュクスボーちょう【グリュクスボー朝 Glücksburg】

1863年以来のデンマークの王朝。オレンボー家(1448‐1863)の一分家で,1863年嗣子のないデンマーク王フレゼリク7世の死後,王位を継承した。配偶者がフレゼリク7世の従妹にあたることによって1852年のロンドン条約に基づいて王位継承権保有者となったクリスティアン公は,クリスティアン9世(在位1863‐1906)を名のり,当王朝の開祖となった。長男は後のフレゼリク8世として王位を継ぎ,長女アレクサンドラは後のイギリスエドワード7世と結婚,次男ウィルヘルムギリシア王位に就き(ゲオルギオス1世),次女ダウマーはロシア皇帝アレクサンドル3世と結婚し,王家としての名は高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のグリュクスボー朝の言及

【デンマーク】より

…デンマークの民族地域であるスリースウィー公爵領と王領との自由主義憲法下の合併がデンマーク政府の意図であり,2度の戦争を経てデンマークは敗北し(1864),スリースウィーを失い,史上最小の版図となった。 49年に自由憲法を制定したフレゼリク7世が63年に没し,オレンボー朝は断絶,クリスティアン9世(在位1863‐1906)が即位して,グリュクスボー朝が始まった。対独戦争後,経済的転換期を迎え,共同組合活動等を通じて農業の近代化に成功,さらに産業革命による首都の都市化が進み,近代産業国家への道をデンマークは歩み出す。…

※「グリュクスボー朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グリュクスボー朝の関連キーワードダンマルクデンマーク語デンマーク体操ハンマークラビアデンマーク連合王国デンパークハンマー・オブ・エデンフライト・トゥ・デンマークデンマーク温血種 (Danish Warmblood)エヴァソロ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone