コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリュケリウス Glycerius

世界大百科事典 第2版の解説

グリュケリウス【Glycerius】

ローマ帝国西帝。在位473‐474年。オリュブリウス帝のもとで皇帝大本営の将校団長官(コメス・ドメスティコルム)を務め,同帝没後,リキメルの甥でその実権を継承していたグンドバドによって西帝位に挙げられた。東帝レオはこれを承認せず,ネポス指揮下に艦隊を派遣。ネポスがローマ近くに上陸して西帝位即位を宣すると,グリュケリウスは交戦せずに降服し,サロナの司教に任じられた。480年にネポスがダルマティアで殺害された事件に関係していたとも言われている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

グリュケリウスの関連キーワードレオ2世ネポスゼノンレオゼノレオ1世田淵幸一グンドバド浜松(市)夫差

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android