コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルカー グルカーGurkha; Gorkha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルカー
Gurkha; Gorkha

ネパール中央部,ガンダキ地方南東にある町。グルカー地区の行政庁所在地。旧ネパール王家の出身地。カトマンズの西北西 80km,ヒマルチュリ山南麓,標高 1500mの高さにある。1559年,ドゥラビヤ・シャーがこの地に小王国を興した。1769年,子孫のプリトビ・ナラヤンはカトマンズのマルラ朝を破り,諸王国を統一,首都をカトマンズに移してグルカー朝を開いた(→グルカー族)。遷都以後は経済的発展もなく,ひっそりとした地方都市にすぎない。グルカー朝の祖先をまつるゴラクナート廟,ヒンドゥー教寺院がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グルカーの関連キーワードギヤース・ウッディーン・トゥグルクマックス ベルグマンバクタプールラリトプールビラースプルトゥグルク朝グルカー戦争デラドゥーンチベット史タカリー族ポカラ盆地グルン族シェダワ活仏制度

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android