コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルコキナーゼ ぐるこきなーぜGlucokinase

知恵蔵miniの解説

グルコキナーゼ

肝臓内で糖の代謝を高める酵素。グルコキナーゼの活性化は糖尿病患者の血糖値を低下させる効果があるとして、グルコキナーゼ活性化薬の開発が進められている。一方で、グルコキナーゼの上昇を人為的に抑えると、食事から取り入れたエネルギーを燃焼させる褐色脂肪細胞の働きが活性化し、肥満の予防・解消に効果があることも解明され、メタボリックシンドロームの予防や治療法の開発につながるとして期待されている。

(2012-12-9)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

グルコキナーゼの関連キーワードインスリン非依存型糖尿病

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android