コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルコキナーゼ ぐるこきなーぜ Glucokinase

2件 の用語解説(グルコキナーゼの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

グルコキナーゼ

肝臓内で糖の代謝を高める酵素。グルコキナーゼの活性化は糖尿病患者の血糖値を低下させる効果があるとして、グルコキナーゼ活性化薬の開発が進められている。一方で、グルコキナーゼの上昇を人為的に抑えると、食事から取り入れたエネルギーを燃焼させる褐色脂肪細胞の働きが活性化し、肥満の予防・解消に効果があることも解明され、メタボリックシンドロームの予防や治療法の開発につながるとして期待されている。

(2012-12-9)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

グルコキナーゼ

 [EC2.7.1.2].グルコースATPを基質にして,グルコース6-リン酸を生成する反応を触媒する酵素.ヘキソキナーゼと比較してグルコースに対する基質特異性が高く,またKmが小さいという特色がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グルコキナーゼの関連キーワード活性化剤紙価を高めるイソ吉草酸CoA脱水素酵素外因性代謝グルコシルトランスフェラーゼコリのサイクル代謝生成物チオール酵素内因性代謝メチルマロニルCoAムターゼ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グルコキナーゼの関連情報