コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グンデ・シャプール Gunde Shāpūr; Jundī Shāpūr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グンデ・シャプール
Gunde Shāpūr; Jundī Shāpūr

イラン南西部フージスターン州のデズフールとシュシュタルの間にあった古代都市。ジュンディ・シャプールともいわれる。3世紀半ばにエデッサアンチオキアから連れてこられたローマ人捕虜の居住地としてササン朝シャプール1世によって建設され,医学,天文学,哲学などのギリシア諸科学研究の中心地として繁栄した。イスラム期にもその地位を維持し,特にアッバース朝治下の8世紀には多数の優れた医学者を輩出しイスラム医学の発達に大きく貢献した。 10世紀にクルド人の侵入によって衰退,14世紀頃まではサトウキビの産地として知られていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

グンデ・シャプールの関連キーワードバイトゥル・ヒクママニ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android