コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グード図法 グードズホウ

4件 の用語解説(グード図法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

グード‐ずほう〔‐ヅハフ〕【グード図法】

地図投影法の一。緯度40度44分を境にして、低緯度地帯をサンソン図法で、高緯度地帯をモルワイデ図法で描き、ひずみ是正のため、海洋部分に断裂を入れたもの。1923年に米国人グード(J.P.Goode)が考案。ホモロサイン図法

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

グードずほう【グード図法】

地図投影法の一。1925年アメリカのグード(J. P. Goode)が考案。赤道から緯度40度44分までをサンソン図法で描き、それより高緯度のところをモルワイデ図法で描き、海の部分に適宜断裂を入れたもの。図形のゆがみの少ない正積図が得られる。ホモロサイン図法。 → 図法

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グード図法
グードずほう

ホモロサイン図法」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone