コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グード図法 グードズホウ

デジタル大辞泉の解説

グード‐ずほう〔‐ヅハフ〕【グード図法】

地図投影法の一。緯度40度44分を境にして、低緯度地帯をサンソン図法で、高緯度地帯をモルワイデ図法で描き、ひずみ是正のため、海洋部分に断裂を入れたもの。1923年に米国人グード(J.P.Goode)が考案。ホモロサイン図法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

グードずほう【グード図法】

地図投影法の一。1925年アメリカのグード(J. P. Goode)が考案。赤道から緯度40度44分までをサンソン図法で描き、それより高緯度のところをモルワイデ図法で描き、海の部分に適宜断裂を入れたもの。図形のゆがみの少ない正積図が得られる。ホモロサイン図法。 → 図法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グード図法
グードずほう

ホモロサイン図法」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グード図法
ぐーどずほう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グード図法の関連キーワード擬円筒図法正積図法断裂法地図

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android