コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地図投影法 ちずとうえいほうmap projection

5件 の用語解説(地図投影法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地図投影法
ちずとうえいほう
map projection

地球または天体とみなした回転楕円体 (あるいは球) の曲面上に仮定した経線と緯線による経緯線網を平面上に表わす方法で,地図作成と地図計測の基礎となる。その性質から,正距図法正積図法,その他に分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちず‐とうえいほう〔チヅトウエイハフ〕【地図投影法】

球形をした地球表面を、平面である地図上に書き表す方法。投影の仕方によって投射図法便宜図法、投影面によって方位図法円錐図法円筒図法、表される地図の性質によって正角図法正距方位図法正積図法などに分類される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

地図投影法【ちずとうえいほう】

地図製作のため球面である地球表面を平面に展開する方法。実際的には球面上の経線・緯線を平面上の対応する経線・緯線に変換する方法。必ずしも幾何学的な投射投影の手続を用いるとは限らず,変換が数式によって決定される場合も多い。
→関連項目サンソン図法世界地図ハンメル図法ボンヌ図法立体図学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ちずとうえいほう【地図投影法】

球面である地球表面を、平面上に書き表す方法。透視する視点の位置によって心射図法・平射図法・正射図法、投影面によって方位図法(平面図法)・円錐図法・円筒図法、描かれた地図の性能によって正角図法・正距図法・正積図法などに分類する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地図投影法
ちずとうえいほう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone