コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地図投影法 ちずとうえいほう map projection

5件 の用語解説(地図投影法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地図投影法
ちずとうえいほう
map projection

地球または天体とみなした回転楕円体 (あるいは球) の曲面上に仮定した経線と緯線による経緯線網を平面上に表わす方法で,地図作成と地図計測の基礎となる。その性質から,正距図法正積図法,その他に分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちず‐とうえいほう〔チヅトウエイハフ〕【地図投影法】

球形をした地球表面を、平面である地図上に書き表す方法。投影の仕方によって投射図法便宜図法、投影面によって方位図法円錐図法円筒図法、表される地図の性質によって正角図法正距方位図法正積図法などに分類される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

地図投影法【ちずとうえいほう】

地図製作のため球面である地球表面を平面に展開する方法。実際的には球面上の経線・緯線を平面上の対応する経線・緯線に変換する方法。必ずしも幾何学的な投射投影の手続を用いるとは限らず,変換が数式によって決定される場合も多い。
→関連項目サンソン図法世界地図ハンメル図法ボンヌ図法立体図学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ちずとうえいほう【地図投影法】

球面である地球表面を、平面上に書き表す方法。透視する視点の位置によって心射図法・平射図法・正射図法、投影面によって方位図法(平面図法)・円錐図法・円筒図法、描かれた地図の性能によって正角図法・正距図法・正積図法などに分類する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地図投影法
ちずとうえいほう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地図投影法の関連キーワード球面鏡球面波非球面レンズ球帯球面球面角球面三角形非球面鏡ガウスの結像公式(球面)球冠

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone