ケチュケメート(英語表記)Kecskemét

世界大百科事典 第2版の解説

ケチュケメート【Kecskemét】

ハンガリー中部の都市。ドナウ川ティサ川の間の大平原上にある。人口10万5000(1996)。バーチュ・キシュクン県の県都。14世紀から都市的特権をえた〈田舎町〉であった。トルコ支配下ではスルタンの直属領ハースとして大規模経営が行われ,町中にはギルドが栄えた。18,19世紀には周辺に展開するタニャ(個別分散農業経営)の中心として発展。今日は大平原的農業の中心地となっている。穀物,果物のほか,パーリンカ(強い果実酒)の産地として有名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android