コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケック望遠鏡 けっくぼうえんきょうKeck Telescopes

知恵蔵の解説

ケック望遠鏡

米・ケック財団の援助を受けて、カリフォルニア大学連合がハワイ島マウナケア山(標高約4200m)に建設した2台の口径10m光学・赤外線望遠鏡(KeckI、KeckII)。周辺に中口径の望遠鏡群を配置し、2台の10m望遠鏡と共に可視光・赤外線干渉計としても使う。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ケック‐ぼうえんきょう〔‐バウヱンキヤウ〕【ケック望遠鏡】

米国のカリフォルニア天文学研究協会が運用している2基の大型光学赤外線望遠鏡。光を集める鏡の有効口径はともに約10メートル。ケック財団の資金提供を受けて建設され、1993年に完成。ハワイ島マウナケア山頂付近、すばる望遠鏡の隣に設置されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ケック望遠鏡の関連キーワードマウナ・ケア天文台群赤外線天文学セグメント鏡天体観測MIRA

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケック望遠鏡の関連情報