ケック望遠鏡(読み)けっくぼうえんきょう(英語表記)Keck Telescopes

知恵蔵の解説

ケック望遠鏡

米・ケック財団の援助を受けて、カリフォルニア大学連合がハワイ島マウナケア山(標高約4200m)に建設した2台の口径10m光学・赤外線望遠鏡(KeckI、KeckII)。周辺に中口径の望遠鏡群を配置し、2台の10m望遠鏡と共に可視光・赤外線干渉計としても使う。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ケック‐ぼうえんきょう〔‐バウヱンキヤウ〕【ケック望遠鏡】

米国のカリフォルニア天文学研究協会が運用している2基の大型光学赤外線望遠鏡。光を集める鏡の有効口径はともに約10メートル。ケック財団の資金提供を受けて建設され、1993年に完成。ハワイ島マウナケア山頂付近、すばる望遠鏡の隣に設置されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケック望遠鏡の関連情報