コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有効口径 ユウコウコウケイ

デジタル大辞泉の解説

ゆうこう‐こうけい〔イウカウ‐〕【有効口径】

effective aperture》カメラのレンズなどの光学系を通過する光束の太さ。絞りがある場合は、その絞りの内径を対物レンズ前面で測定した直径のこと。入射瞳と同値となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

有効口径

 レンズに平行光線を入射させた場合に、絞り穴を通る光線の直径をレンズ前面で測定したもの。ふつうは周辺光量の低下を防ぐために、レンズ前面の直径は有効口径より大きくなっている。焦点距離をこの有効口径で割り算したものが、有効F値になる。また、有効口径と 入射瞳 は同じである。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

有効口径の関連キーワードすばる(望遠鏡)すばる望遠鏡ケック望遠鏡写真レンズ天体観測口径比開口数F数

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有効口径の関連情報