コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有効口径 ユウコウコウケイ

2件 の用語解説(有効口径の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆうこう‐こうけい〔イウカウ‐〕【有効口径】

effective aperture》カメラのレンズなどの光学系を通過する光束の太さ。絞りがある場合は、その絞りの内径を対物レンズ前面で測定した直径のこと。入射瞳と同値となる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

有効口径

 レンズに平行光線を入射させた場合に、絞り穴を通る光線の直径をレンズ前面で測定したもの。ふつうは周辺光量の低下を防ぐために、レンズ前面の直径は有効口径より大きくなっている。焦点距離をこの有効口径で割り算したものが、有効F値になる。また、有効口径と 入射瞳 は同じである。

出典|カメラマンWeb
カメラマン写真用語辞典について | 情報

有効口径の関連キーワード体感温度宇宙測地F数SARVSAT軍事衛星7つの習慣運転注意力モニタ MDAS帰納的関数CEPT 計画

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

有効口径の関連情報