コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すばる望遠鏡 すばるぼうえんきょう SUBARU telescope

5件 の用語解説(すばる望遠鏡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

すばる望遠鏡
すばるぼうえんきょう
SUBARU telescope

ハワイ島のマウナケア山頂 4200mに国立天文台が建設した,有効口径 8.2mの光学赤外線望遠鏡1999年1月に初受光が行われ,2000年 12月に本格運用を開始した。主鏡が1枚の鏡で構成される望遠鏡としては世界最大の口径で,他の大口径望遠鏡にはない主焦点を備え,広視野での観測ができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

すばる望遠鏡

文部科学省国立天文台が建設した口径8.2mの反射望遠鏡。米国ハワイ島マウナケア山頂(標高約4200m)に設置され、観測可能な波長域は紫外線から可視光全域、及び近赤外線から中間赤外線の一部。主焦点、カセグレン焦点ナスミス焦点の3焦点で観測できる。主焦点を備えるのは8m級望遠鏡では「すばる」のみで、他の口径8m級望遠鏡にはない広視野を誇る。2000年12月以降、本格的な共同利用観測が行われている。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すばる‐ぼうえんきょう〔‐バウヱンキヤウ〕【すばる望遠鏡】

日本の国立天文台ハワイ観測所が運用している大型光学赤外線望遠鏡ハワイ島のマウナケア山頂付近(標高4139メートル)に設置されている。光を集める鏡の有効口径は8.2メートルで、単一鏡の望遠鏡としては世界最大級。この巨大な主鏡を261本のロボットの指が支え、鏡面の歪みを補正する補償光学技術をもつ。リニアモーターを採用した駆動システムにより0.1秒角の精度で天体を追尾できる。銀河恒星などを主とする可視光観測、および極めて遠方の銀河や障害物により可視光では見えにくい天体などの観測に適した赤外線観測を行う。平成11年(1999)完成。「すばる」の名称は公募による。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

すばる望遠鏡【すばるぼうえんきょう】

日本の国立天文台の世界最大級の望遠鏡。天文観測に適した気象,高度,アクセスなどを備えるアメリカのハワイ島のマウナ・ケア山頂(標高4205m)の国際観測所(ハワイ大学管理)内に1999年に完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

すばるぼうえんきょう【すばる望遠鏡】

国立天文台がハワイ島マウナケア山頂に建設した光学赤外線望遠鏡。1999年(平成11)完成。有効口径8.2メートル の集光鏡は世界最大級。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すばる望遠鏡の関連キーワードコロナ観測所国立天文台岡山天体物理観測所観測所水沢緯度観測所旧緯度観測所本館岩手県奥州市水沢区星ガ丘町海部宣男森本雅樹東京天文台コロナ観測所

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

すばる望遠鏡の関連情報