コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光学赤外線望遠鏡 コウガクセキガイセンボウエンキョウ

1件 の用語解説(光学赤外線望遠鏡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうがくせきがいせん‐ぼうえんきょう〔クワウガクセキグワイセンバウヱンキヤウ〕【光学赤外線望遠鏡】

天体が発する可視光赤外線領域の電磁波を観測するための望遠鏡。波長が可視光に近い近赤外線および中赤外線の短波長側は、ふつうの光学望遠鏡で捉えられるため、光学系を共有したまま、異なるイメージセンサーを用いることで対応する。近年の地上望遠鏡の主力であり、日本のすばる望遠鏡、米国のケック望遠鏡のほか、建設が進められているTMTなどが知られる。光赤外線望遠鏡

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光学赤外線望遠鏡の関連キーワード電磁波天体観測放射線障害不可視光線太陽光非電離放射線赤外スペクトル赤外線分光光度計赤外分光放射検出器

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光学赤外線望遠鏡の関連情報