コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光学赤外線望遠鏡 コウガクセキガイセンボウエンキョウ

デジタル大辞泉の解説

こうがくせきがいせん‐ぼうえんきょう〔クワウガクセキグワイセンバウヱンキヤウ〕【光学赤外線望遠鏡】

天体が発する可視光赤外線領域の電磁波を観測するための望遠鏡。波長が可視光に近い近赤外線および中赤外線の短波長側は、ふつうの光学望遠鏡で捉えられるため、光学系を共有したまま、異なるイメージセンサーを用いることで対応する。近年の地上望遠鏡の主力であり、日本のすばる望遠鏡、米国のケック望遠鏡のほか、建設が進められているTMTなどが知られる。光赤外線望遠鏡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

光学赤外線望遠鏡の関連キーワードキットピーク国立天文台ヨーロッパ南天天文台ハッブル宇宙望遠鏡すばる(望遠鏡)アタカマ天文台国立天文台KeckHSTVLT

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光学赤外線望遠鏡の関連情報