コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケニ人 ケニびとKenites

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケニ人
ケニびと
Kenites

旧約聖書に言及されるパレスチナ遊牧系民族名。彼らはアラバ涸れ川沿いに移動を繰返す部族で,金細工にすぐれた技術をもっていた。モーセの義父エテロはケニ人であり,祭司としてヤハウェ信仰をイスラエル人に伝えたといわれる。彼らはのちにイスラエルのユダ族に吸収されたらしい。しかしその伝統をひくレカブ人のように遊牧的生活をきびしく守る一団も存続した。またカナン的生活と妥協したオムリ朝とも対立したが,それ以後ケニ人の名前は消えうせた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ケニ人の関連キーワードロンドン(イギリス)トリノウァンテス族ブーディッカサフォーク県旧約聖書カイン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android