コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケランタン州 ケランタンKelantan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケランタン〔州〕
ケランタン
Kelantan

マレーシア,マレー半島中央部にある州。州都コタバルー。中央を南から北にケランタン川が流れる。南部のパハン州境にはマレー半島の最高峰タハン山 (2187m) がある。ケランタン川下流域は,ゴム,米,タバコの産地であるが,他はいまだ熱帯雨林の未開発地域。 1970年代初めからガラス川流域のクムブで大規模な灌漑事業が進められ,約2万 haが灌漑された。トゥマンガン地域でマンガンを採鉱。そのほか鉄,スズの鉱山,製材,合板の工場がある。マラヤ鉄道東岸線がケランタン川沿いに通る。スルタン国でタイに朝貢していたが,1909年にイギリスの保護下に入り,57年マラヤ連邦の独立とともに,その州となった。人口の大部分がマレー人である。面積1万 5000km2。人口 122万 100 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ケランタン州の関連キーワードタマンヌガラ国立公園ワヤン・シャムリタウディンコタ・バルマレーシアコタ・バル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android