コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルン・リンデンタール Köln‐Lindenthal

世界大百科事典 第2版の解説

ケルン・リンデンタール【Köln‐Lindenthal】

ドイツのケルン市西部にある新石器時代初頭(線帯文土器文化=ダニューブI・II文化)の集落遺跡,炭素14法による測定年代で前4000‐前3000年代。麦を栽培し,牛,豚などの家畜を飼った新石器時代の村の規模全体が,1929‐34年のブットラーW.Buttlerらの発掘調査によってヨーロッパで初めて明らかにされ有名になった。北集落(2670m2)と南集落(8270m2)で合わせて50軒の長い家屋(長さ30m以上,最大幅7m)が見いだされた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のケルン・リンデンタールの言及

【竪穴住居】より

…95個のマンモスの頭骨を積み重ねて床を囲い,屋根はマンモスの大腿骨や牙を用いて高さ約3mのドーム形に覆い,竪穴同様の家屋を造って寒さや外敵から身を守っていた。 ヨーロッパの新石器時代ダニューブ文化期に属する,ドイツのケルン近郊にあるケルン・リンデンタール遺跡は,村落構造がよく復原された代表例である。そこでの一般的な住居は,大型の長方形平面で屋根は切妻,編枝塗壁を立ち上げ,杭の上に低い床を張った一種の高床住居であった。…

【ダニューブ文化】より

… ダニューブ文化の古い段階(チャイルドのいうダニューブI文化)は,炭素14法による測定年代で前4500~前3200年である。線帯文土器Linearkeramik,靴に似た形の磨製石斧,地中海産巻貝の装飾品,ロングハウス(長さ40m,幅6~7m),側面屈葬による埋葬という共通した特徴をもつチェコのビラニイBylany(プラハ東南東60km),ドイツのケルン・リンデンタール,オランダ最南部のシッタルトSittardなどの集落遺跡も知られている。また焼畑農耕を基盤とする農耕を営んだと考えられる。…

※「ケルン・リンデンタール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android