コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集落遺跡 シュウラクイセキ

デジタル大辞泉の解説

しゅうらく‐いせき〔シフラクヰセキ〕【集落遺跡】

集落の旧石器時代の移住生活の暮らしの跡から、古代から近世に至る町や村の跡までを含む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうらくいせき【集落遺跡】

住居址が多数まとまって集落の形跡をとどめる遺跡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

集落遺跡の関連キーワード胡桃館(くるみだて)遺跡上野原(うえのはら)遺跡大分県国東市国東町安国寺草戸千軒町遺跡吉崎弥生文化博物館スカラブラエ唐古・鍵遺跡三内丸山遺跡池上曾根遺跡エーランド島インガピルカヤールショフ上野原遺跡セブレイロ釈迦堂遺跡立屋敷遺跡高地性集落大船C遺跡ユルギュプ

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集落遺跡の関連情報