コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集落遺跡 シュウラクイセキ

デジタル大辞泉の解説

しゅうらく‐いせき〔シフラクヰセキ〕【集落遺跡】

集落の旧石器時代の移住生活の暮らしの跡から、古代から近世に至る町や村の跡までを含む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうらくいせき【集落遺跡】

住居址が多数まとまって集落の形跡をとどめる遺跡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

集落遺跡の関連キーワード上野原(うえのはら)遺跡大分県国東市国東町安国寺胡桃館(くるみだて)遺跡弥生文化博物館草戸千軒町遺跡吉崎青谷上寺地遺跡エーランド島インガピルカ三内丸山遺跡スカラブラエ唐古・鍵遺跡池上曾根遺跡ヤールショフ原ノ辻遺跡立屋敷遺跡釈迦堂遺跡ユルギュプ国見[町]四ツ池遺跡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集落遺跡の関連情報