コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケンツリア centuria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケンツリア
centuria

古代ローマの軍事組織の最小単位。百人隊。 60ケンツリアが1軍団を形成。前5世紀なかば頃,兵員会の投票単位として財産評価に従い定められた。前3世紀頃にはケンツリア総数は 193に押えられた。騎兵 (18) ,歩兵5級 (170) ,工兵,器楽兵,等級外に分けられた。皇帝アウグスツス (在位前 27~後 14) の時代には意味がまったく変り,10ケンツリア (のちに 15) を投票単位とし 33のトリブスに分散投票させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ケンツリアの関連キーワードセルウィウス・ツリウス軍制[古代ローマ]タブラ・ヘバナプロレタリイエクイテスプブリウスイーモラコミチアコホルスツルボクリア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android