コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵員会 へいいんかいcomitia centuriata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兵員会
へいいんかい
comitia centuriata

古代ローマの正式の市民会議。ケンツリア会と呼ばれることもある。セルウィウス・ツリウスの設置に帰せられるが,実際は前 450年頃おかれたと思われる。市民を武装の別により5等級に分け,それぞれ百人隊 (ケンツリア ) を単位として,マルスの野 (カンプス・マルチウス) で行われた軍会が起源。執政官 (コンスル ) が招集,司令し,次期執政官などの選出,宣戦,講和の決議を行なったが,次第に決議の範囲が拡大し,権限も増大し,立法の決議は元老院の同意を必要としなかった。前4世紀末,貨幣所有額による等級が定められ,全 193ケンツリア中,騎士級 (エクイテス ) と歩兵第一級が過半数 (98) を占めるなど,非民主的なものとなった。のちトリブスと結びついて 369ケンツリアとなったらしい。共和政末期には都市大衆が出席者の常連となり,買収などにより堕落した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

へいいんかい【兵員会】

古代ローマの民会の一。百人組(ケントゥリア)と呼ばれる軍事的単位を投票の単位とし、高官の選挙、和戦の決定、立法などを行なった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

兵員会の関連キーワードセルウィウス・トゥリウス軍制[古代ローマ]ローマ(市)ケントゥリアプラエトルコミティアコミチアローマ史クリア会ケンソル平民会

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android