コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工兵 こうへい military engineer

5件 の用語解説(工兵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

工兵
こうへい
military engineer

戦況に応じて道路,橋梁,鉄道,飛行場,陣地,地雷原などを建設または敷設,あるいは爆破するために必要な技術と資材をもつ部隊。古代,中世では工兵は投石器をはじめとする兵器の製作,または操作にあたったが,しばしば敵の要塞の下に坑道を掘ったので,sapper (対壕兵) や miner (坑夫) と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こう‐へい【工兵】

旧日本陸軍で、築城・架橋・鉄道敷設・爆破・測量などの技術的な任務に従事する兵。また、その兵科。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

工兵【こうへい】

旧陸軍兵科(兵種)の一つ。軍の交通の確保を主要な任務とし,軍用道路の構築,架橋工事,鉄道建設,築城などを行う。攻撃の際には,障害物やトーチカなどの爆破を行う。
→関連項目軍隊師団

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

こうへい【工兵】

旧陸軍兵種の一。築城・架橋、道路・鉄道の敷設などの技術的任務に服する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

工兵
こうへい

旧日本陸軍の兵科の一つ。戦場でおもに交通・通信・架橋・爆破・照明など、作戦遂行上必要な技術面を担当する。工兵には一般工兵、鉄道兵、電信兵、船舶兵などを含み、武装して戦闘に参加することもあった。各師団には通常1個大隊規模の工兵が所属した。第一次世界大戦以降兵器体系の近代化に伴い、各国の工兵の役割はいっそう重視され、その装備も高度化されてきた。現在自衛隊では工兵にあたる施設科が置かれている。[纐纈 厚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

工兵の関連キーワード橋梁機動力路肩遊撃岩国飛行場小松飛行場調布飛行場三沢飛行場印旛飛行場沖縄戦と飛行場

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

工兵の関連情報