コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歩兵 ほへい infantry

翻訳|infantry

8件 の用語解説(歩兵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歩兵
ほへい
infantry

陸軍の主柱的兵科。旧ソ連軍では狙撃兵という。歴史的にみると,古代では歩兵が戦闘のほとんどすべてを占めたが,中世の封建時代から近代初期にかけては,騎兵が主で歩兵は協力兵科となった。火薬の発明と銃,砲の発達によって再び歩兵は主兵科となり,最近まで砲兵,戦車兵などとの緊密な共同のもとに,火戦および白兵戦によって戦闘に最後の決を与えるものであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふ‐ひょう〔‐ヒヤウ〕【歩兵】

《「ぶひょう」とも》
ほへい(歩兵)
将棋の駒の、歩(ふ)。

ほ‐へい【歩兵】

徒歩で戦う兵。雑兵(ぞうひょう)。
陸軍で、小銃・機関銃・擲弾筒(てきだんとう)などの小火器を装備し、徒歩で戦闘を行う兵。また、その兵科。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

歩兵【ほへい】

陸軍の主兵。兵のなかでは最も古い歴史をもつ。大きな楯(たて)・槍(やり)を持ったスパルタの歩兵は古代国家の象徴。中世では騎兵が主兵。現在は第一線で小銃・機関銃・歩兵銃などを武器とし,火戦・白兵戦を行う。
→関連項目軍隊師団特科部隊砲兵陸軍

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほへい【歩兵 infantry】

陸軍の兵種(職種)の一つで,徒歩で戦闘するところから歩兵という。自衛隊では普通科といい,ロシアでは狙撃(そげき)兵と呼ぶ。歩兵は,陸軍の兵種の中でもっとも大きな勢力をもち,近距離に対峙した敵との戦闘に続いて,白兵戦闘(銃剣突撃)によって敵を撃破し勝利を収めようとする兵種である。歩兵は各兵種の中では歴史的にもっとも古い。
【歴史】

[西洋]
 古代ギリシアの都市国家の軍隊の中心は,ホプリテスhoplitēsと呼ばれる重装歩兵であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふひょう【歩兵】

ほへい。
将棋の歩

ほへい【歩兵】

徒歩で戦う兵士。徒歩かちの雑兵ぞうひよう
旧陸軍の兵種の一。小銃・機関銃・擲弾筒てきだんとう・歩兵砲などの火器を装備し、近接戦闘を行う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歩兵
ほへい
infantry

陸軍の兵種の一つ。長い間陸軍兵力の中心的位置を占め、密集・疎開の二戦闘方式を原則として採用し、敵兵力の撃滅・駆逐を図り、最終的には白兵戦によって勝敗の決着をつけることが最大の任務とされた。陸軍の近代化が進められる過程で、軽・重機関銃、迫撃砲、対戦車砲等の装備による打撃力充実と装甲車両導入による機動力向上が求められた。第二次世界大戦アメリカ、ソ連等核保有国を始め先進国では歩兵の役割は、核戦力の比重が増大するにつれて低下し兵力削減の傾向が見られたが、第三世界においてはゲリラ戦や内戦への投入に見られるようにその役割は依然として大きい。なお、自衛隊は歩兵を普通科と呼称している。[纐纈 厚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の歩兵の言及

【甲冑】より


[当世具足]
 室町時代には応仁の乱(1467‐77)後,全国に群雄が割拠し,戦国の争乱に突入した。戦国大名は従来の騎射戦に対して,歩兵による大軍を運用して戦い,槍が多く用いられることになった。そして団体戦において簡略で同一形式の具足の量産が必要となる一方,各武将はそれぞれ自己の存在を示す旗差物,誇張された兜の前立,そして個性豊かな甲冑をもって自己主張する。…

【武器】より

…投擲用の槍は相対的に短い。マケドニア兵が導入した長槍は,密集歩兵戦列が槍ぶすまを作るためのもので,別系統の槍である。古代の剣は両刃で比較的短かったが,スキピオのころからローマ軍団兵は重量のあるイベリア式長剣を採用する。…

※「歩兵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

歩兵の関連キーワード騎兵工兵非戦闘員官兵操典特科陸士陸兵徒歩き徒歩軍

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歩兵の関連情報