ケン・むぎわら(漢字)

普及版 字通「ケン・むぎわら(漢字)」の解説


12画

[字音] ケン
[字訓] むぎわら

[説文解字]

[字形] 形声
声符は(えん)。に絹・涓(けん)の声がある。〔説文〕七上に「麥なり」とあり、麦のくき、むぎわらをいう。

[訓義]
1. むぎのくき。
2. むぎわら、わら。

[古辞書の訓]
〔新字鏡〕 牟和良(むぎわら)〔名義抄 ムギガラ・ムギカヒ

[語系]
kiuan、絹kyuanは声近く、〔説文〕絹字条十三上に「(そう)の麥(ばくけん)の色の如きものなり」とみえる。

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android