コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲオルギウ=デジ Georghiu-Dej, Georghe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲオルギウ=デジ
Georghiu-Dej, Georghe

[生]1901.11.8. バスルイ,バルラド
[没]1965.3.19. ブカレスト
ルーマニアの労働運動家,国家指導者。労働者の家庭に生れ,11歳から労働に従事し,18歳で革命運動に参加。 1930年ルーマニア共産党に入党,32年鉄道労働組合中央委員会書記となり,33年1~2月の鉄道ストを指導した。同年2月捕えられて 12年の刑に処されたが,44年8月9日脱獄し,アントネスク政権に対する抵抗運動を組織した。第2次世界大戦後 45年 10月党書記長,44~48年交通相,商工相,48年3月~52年6月第一副首相,以後 55年9月まで首相をつとめ,首相辞任後党第一書記専任,61年3月国家評議会議長を兼ねるなど要職を歴任した。 1960年代初頭には工業化路線をめぐってソ連と対立,ルーマニアの「自主路線」に道を開いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゲオルギウ=デジの関連キーワードチャウシェスク

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android