コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲシュル Geshur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲシュル
Geshur

ヨルダン川上流東の古代地名。アラム人がこの地に住み,小国を立てて独立を保ち,その王タルマイの娘マアカはダビデとの間にアブサロムを生んだ (サムエル記下3・3) 。ダマスカス,イスラエル両王国の緩衝国の役割を果したが,のちダマスカス王国に併合された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゲシュルの関連キーワードアラム

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android