コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緩衝国 カンショウコク

5件 の用語解説(緩衝国の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんしょう‐こく〔クワンシヨウ‐〕【緩衝国】

利害が対立する国家の間にあって、その衝突を和らげる役目をする国。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんしょうこく【緩衝国 buffer state】

大国の間に位置し,そこで大国勢力が拮抗し,その大国の直接的対立を回避・緩和させる地位にある小国・中立国のこと。したがって,緩衝国は小国の地理的位置から生まれるものであるが,拮抗が破れると大国に侵入されたり(第1次・第2次大戦時のベネルクス三国),衛星国になってしまう(エストニアラトビアリトアニア)ことがある。一方,強国がこのような国の独立に利益を認め,勢力均衡を維持するために相互に小国の独立や領土不可侵を,大国間協定やより広い国際的協定で保障することがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんしょうこく【緩衝国】

強国と強国との間に位置し、両国の衝突の危険性を緩和している国家。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緩衝国
かんしょうこく

緩衝地帯」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緩衝国
かんしょうこく
buffer state

大国あるいは大国の勢力圏の間に位置し、大国相互の衝突を回避するため、明示(協定や条約)あるいは暗黙の合意の下に独立を保障される小国をさす。たとえば、19世紀末のタイおよびエチオピアは英仏間の、またアフガニスタンは英露間の暗黙の合意の下に緩衝国とみなされ、独立を保つことができた。第二次世界大戦後のヨーロッパでも、東西二大陣営の接点に位置するフィンランドオーストリアが緩衝国と同じ扱いを受け、等距離・中立外交をとった。またスイスが1815年のパリ条約で、ベルギーが1831年のロンドン条約で、列強により永世中立国とされたのも、緩衝国と同じケースとみなされる。[藤村瞬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緩衝国の関連キーワード大国主義大国国勢千乗大国民老大国茨城県桜川市大国玉愛知県豊橋市大国町大阪府大阪市浪速区大国大国柏斎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

緩衝国の関連情報