コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緩衝国 カンショウコク

デジタル大辞泉の解説

かんしょう‐こく〔クワンシヨウ‐〕【緩衝国】

利害が対立する国家の間にあって、その衝突を和らげる役目をする国。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんしょうこく【緩衝国 buffer state】

大国の間に位置し,そこで大国勢力が拮抗し,その大国の直接的対立を回避・緩和させる地位にある小国中立国のこと。したがって,緩衝国は小国の地理的位置から生まれるものであるが,拮抗が破れると大国に侵入されたり(第1次・第2次大戦時のベネルクス三国),衛星国になってしまう(エストニアラトビアリトアニア)ことがある。一方,強国がこのような国の独立に利益を認め,勢力均衡を維持するために相互に小国の独立や領土不可侵を,大国間協定やより広い国際的協定で保障することがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんしょうこく【緩衝国】

強国と強国との間に位置し、両国の衝突の危険性を緩和している国家。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緩衝国
かんしょうこく

緩衝地帯」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緩衝国
かんしょうこく
buffer state

大国あるいは大国の勢力圏の間に位置し、大国相互の衝突を回避するため、明示(協定や条約)あるいは暗黙の合意の下に独立を保障される小国をさす。たとえば、19世紀末のタイおよびエチオピアは英仏間の、またアフガニスタンは英露間の暗黙の合意の下に緩衝国とみなされ、独立を保つことができた。第二次世界大戦後のヨーロッパでも、東西二大陣営の接点に位置するフィンランドやオーストリアが緩衝国と同じ扱いを受け、等距離・中立外交をとった。またスイスが1815年のパリ条約で、ベルギーが1831年のロンドン条約で、列強により永世中立国とされたのも、緩衝国と同じケースとみなされる。[藤村瞬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

緩衝国の関連キーワード近・現代ラテンアメリカ史(年表)シュッピルリウマシュ1世ルクセンブルク(国)クリム・ハーン国ガッサーン王国シベリア出兵パクナム事件ムルシア王国ウルグアイ極東共和国中ロ関係ゲシュルシベリアヨッフェ沿海地方危険性利害

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android