小国(読み)おぐに

日本大百科全書(ニッポニカ)「小国」の解説

小国
おぐに

新潟県南部、刈羽郡(かりわぐん)にあった旧名(小国町(まち))。現在は長岡(ながおか)市の南部を占める地域。1956年(昭和31)上小国村と小国村が合併して町制施行。2005年(平成17)に長岡市に編入渋海川(しぶみがわ)中流の小国盆地にある地方中心町。国291号、403号、404号が走る。旧町域は長岡市に編入され、小千谷(おぢや)市、柏崎(かしわざき)市からも10キロメートル前後しか離れていないが、交通的に隔絶された純山村で、中世は豪族小国氏の居城があった。かつては養蚕が盛んであったが、現在では米作が主体。冬季の出稼ぎが盛んである。小国紙の特産地でもあり、その技術は県の無形文化財。

[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「小国」の解説

小国
おぐに

新潟県中部,信濃川の支流渋海川中流域にある長岡市南西部の旧町域。柏崎市小千谷市の間に位置する。 1956年小国村,上小国村の2村が合体して町制。 1957年千谷沢村の一部を編入。 2005年長岡市に編入。中世,小国氏が繁栄した地で,小国保と呼ばれる。渋海川は深い峡谷をなして隔絶性が強く,流域の小盆地は小国郷といわれ,長い間舟便が唯一の交通であった。谷には水田が開け八石米を産する。著名な豪雪地で,小国和紙の特産がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「小国」の解説

しょう‐こく セウ‥【小国】

〘名〙
① 小さな国。領土が狭く人口も少ない国。また、勢力の弱い国。また、へりくだって自分の国をいう。
※聖徳太子伝暦(917頃か)下「西方大国。将東方小国
平治(1220頃か)上「世もしづまりてこそ、大国も小国も官も加階もすすみ侍らめ」 〔老子‐六一〕
② 鶏の異名。〔和漢三才図会(1712)〕

お‐くに を‥【小国】

〘名〙 (「お」は接頭語) 小さな国。しょうこく。また、単に国のこと。⇔大国(おおくに)
※古事記(712)中「大国・小国(をくに)の国造(くにのみやつこ)を定め賜ひ」

おぐに をぐに【小国】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「小国」の解説

小国 (ショウコク)

学名:Gallus gallus var.domesticus
動物。キジ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の小国の言及

【ニワトリ(鶏)】より


[観賞用種]
 雄鶏の時を告げる声を観賞する長鳴鶏としては,東天紅(とうてんこう)(イラスト),声良(こえよし),唐丸(とうまる)など,ひと声を20秒以上も引きのばす品種が作出されている。美しい姿態を楽しむ品種としては小国(しようこく),地鶏(じどり),尾曳(おひき),蓑曳(みのひき),黒柏(くろかしわ),鶉尾(うずらお),比内鶏(ひないどり)(イラスト),地頭鶏(じとつこ),烏骨鶏(うこつけい),チャボ(矮鶏)(イラスト)があるが,蓑羽と尾羽が換羽せずに伸びつづけ,8m以上に達する尾長鶏(イラスト)は世界的に有名である。闘鶏用の品種にはシャモ(軍鶏)(イラスト),薩摩鶏(さつまどり),河内奴(かわちやつこ)がある。…

※「小国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android