コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲンゲ科 ゲンゲかZoarcidae; eelpouts

1件 の用語解説(ゲンゲ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲンゲ科
ゲンゲか
Zoarcidae; eelpouts

魚類の分類,スズキ目の一科。多くは全長 50cm以下であるが,ときに 1mに達するものもいる。体は側扁して細長く,一般に各鰭に棘条がない。鰓膜は峡部と癒合し,鰓孔は側面にある。腹鰭は退化もしくは消失している。冷水域にすむ。アゴゲンゲ Lycodes toyamaensis,イレズミガジ L. caudimaculatus,ノロゲンゲ Bothrocara hollandi など約 230種が知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone