コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲーリックフットボール ゲーリックフットボールGaelic football

翻訳|Gaelic football

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲーリックフットボール
Gaelic football

アイルランド式フットボール。起源は中世イギリスで「メレー」と呼ばれたもので,当時は教区内の人々が総出で,広大な田園地帯を舞台に1日がかりでボールを奪い合った。 1884年過激なプレーをやや制限するルールが取り入れられ,競技を統轄するゲーリック体育協会が結成された。現代の試合では,1チームの人数が 15人に制限されている。ボールは投げてはならず,手や足でドリブルしたり,打ったり,パントしながら敵のゴールを目指す。ゴールポストの間のクロスバーの上をボールが通過すると1点,クロスバーの下を通過してネットに入ると3点が得られる。試合は前半後半 30分ずつ。アイルランドとアメリカ合衆国以外ではあまり盛んではなく,通常アイルランドの年間優勝チームがアメリカ合衆国に遠征する。 (→サッカー )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゲーリック‐フットボール(Gaelic football)

アイルランドの伝統的な球技の一。15人ずつの2チームに分かれ、相手のゴールにボールを入れて得点を競う。サッカーに似るが、ボールを持って4歩まで歩くことができる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ゲーリックフットボールの関連キーワードブライアン オドリスコル

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android