コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人数 ニンジュ

デジタル大辞泉の解説

にん‐じゅ【人数】

にんずう(人数)1」に同じ。
「舎人、雑色―わづかに十四、五人」〈平家・一二〉
にんずう(人数)2」に同じ。
「金谷の宿に―を揃へ」〈浮・武家義理・一〉

にん‐ず【人数】

にんずう(人数)」に同じ。
「国境には数千の―」〈染崎延房・近世紀聞〉

にん‐ずう【人数】

ひとのかず。ひとかず。「人数を数える」
多くの人。大勢。「人数を集める」

ひと‐かず【人数】

人のかず。にんずう。
一人前の人として数えられること。「人数に入らない」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にんじゅ【人数】

にんずう(人数) 」に同じ。 「やあ、餓餽も-、しをらしい事ほざいたり/浄瑠璃・国性爺合戦」
にんずう(人数) 」に同じ。 「大念仏を申す事の候ふ間、僧俗を嫌はず-を集め候/謡曲・隅田川」

にんず【人数】

にんずう(人数) 」に同じ。 「小蔭より躍出おどりいづる-あり/義血俠血 鏡花

にんずう【人数】

〔古くは「にんじゅ」「にんず」〕
人の数。 「 -が足りない」
多くの人。 「 -を繰り出す」

ひとかず【人数】

人間の数。にんずう。
一人前の人間として数えられること。人並み。 「 -には入らない」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

人数の関連情報