人数(読み)ニンジュ

  • にんず
  • にんずう
  • ひとかず
  • 人▽数

デジタル大辞泉の解説

にんずう(人数)1」に同じ。
「舎人、雑色―わづかに十四、五人」〈平家・一二〉
にんずう(人数)2」に同じ。
「金谷の宿に―を揃へ」〈浮・武家義理・一〉
にんずう(人数)」に同じ。
「国境には千の―」〈染崎延房・近世紀聞〉
ひとのかず。ひとかず。「人数を数える」
多くの人。大勢。「人数を集める」
人のかず。にんずう。
一人前の人として数えられること。「人数に入らない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にんずう(人数)に同じ。 やあ、餓餽も-、しをらしい事ほざいたり/浄瑠璃・国性爺合戦
にんずう(人数)に同じ。 大念仏を申す事の候ふ間、僧俗を嫌はず-を集め候/謡曲・隅田川
にんずう(人数)に同じ。 小蔭より躍出おどりいづる-あり/義血俠血 鏡花
古くはにんじゅにんず
人の数。 -が足りない
多くの人。 -を繰り出す
人間の数。にんずう。
一人前の人間として数えられること。人並み。 -には入らない

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「しゅ」は「数」の呉音)
※明月記‐治承五年(1181)二月六日「参公卿〈略〉実国、服、不入人数、推着云々」
※平家(13C前)一二「舎人雑色人数(にんジュ)〈高良本ルビ〉わづかに十四五人相そへてつかはす」
※古事談(1212‐15頃)三「引率人数、不日戒壇を築てけり」
※習道書(1430)「一同に心をなして、油断なく、平頭に曲をなすへし、是脇の人数(にんシュ)の道なるべし」
※古事談(1212‐15頃)三「爰此草苅法師雖事之子細、而依人数返答之人
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)二「しからば我等も其人数(ニンジュ)へ相くはへて給はるべし」
〘名〙 (「す」は「数」の慣用音)
① 人のかず。ひとかず。あたまかず。人頭(にんとう)。にんじゅ。にんずう。
※嵯峨のかよひ(1269)「人ずたらざるほどに、なりしげめしたてらる」 〔金史‐章宗紀・二〕
② 多数の人。大勢。大人数(おおにんずう)。にんじゅ。
※歌舞伎・𢅻雑石尊贐(1823)四立「人数(ニンズ)を以て押寄せ来らんも計られず」
③ ある条件にかなう人々。ある集団の構成員。メンバー。にんじゅ。
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉六四「快き組出(くみだし)の人数(ニンズ)に加はらず」 〔荘子‐達生〕
[補注]古辞書類(文明本節用集・運歩色葉・易林本節用集・饅頭屋本節用集)や日葡辞書にはいずれも「にんじゅ」とあり、「にんず」の表記は見られない。したがって、古くは「にんじゅ」と読んだと考えられるので、漢籍以外の古い例は「にんじゅ」の項におさめた。
〘名〙 人のかず。人員。あたまかず。また、多くの人。にんじゅ。にんず。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
〘名〙
① 人の数。あたまかず。にんずう。
※書紀(720)垂仁即位前(熱田本訓)「以て後宮の数(ヒトカス)に盈(つか)ひたまへ」
② しかるべき人としてかぞえられること。とりたてて数えられる人の中にはいること。人並み。
※宇津保(970‐999頃)蔵開下「殿の御かはり、かのきみの御かはりに、人かずに侍らずとも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人数の関連情報