人数(読み)ニンジュ

デジタル大辞泉の解説

にん‐じゅ【人数】

にんずう(人数)1」に同じ。
「舎人、雑色―わづかに十四、五人」〈平家・一二〉
にんずう(人数)2」に同じ。
「金谷の宿に―を揃へ」〈浮・武家義理・一〉

にん‐ず【人数】

にんずう(人数)」に同じ。
「国境には数千の―」〈染崎延房・近世紀聞〉

にん‐ずう【人数】

ひとのかず。ひとかず。「人数を数える」
多くの人。大勢。「人数を集める」

ひと‐かず【人数】

人のかず。にんずう。
一人前の人として数えられること。「人数に入らない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

にん‐じゅ【人数】

〘名〙 (「しゅ」は「数」の呉音)
※明月記‐治承五年(1181)二月六日「参公卿〈略〉実国、服、不入人数、推着云々」
※平家(13C前)一二「舎人雑色人数(にんジュ)〈高良本ルビ〉わづかに十四五人相そへてつかはす」
※古事談(1212‐15頃)三「引率人数、不日戒壇を築てけり」
※習道書(1430)「一同に心をなして、油断なく、平頭に曲をなすへし、是脇の人数(にんシュ)の道なるべし」
※古事談(1212‐15頃)三「爰此草苅法師雖事之子細、而依人数返答之人
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)二「しからば我等も其人数(ニンジュ)へ相くはへて給はるべし」

にん‐ず【人数】

〘名〙 (「す」は「数」の慣用音)
① 人のかず。ひとかず。あたまかず。人頭(にんとう)。にんじゅ。にんずう。
※嵯峨のかよひ(1269)「人ずたらざるほどに、なりしげめしたてらる」 〔金史‐章宗紀・二〕
② 多数の人。大勢。大人数(おおにんずう)。にんじゅ。
※歌舞伎・𢅻雑石尊贐(1823)四立「人数(ニンズ)を以て押寄せ来らんも計られず」
③ ある条件にかなう人々。ある集団の構成員。メンバー。にんじゅ。
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉六四「快き組出(くみだし)の人数(ニンズ)に加はらず」 〔荘子‐達生〕
[補注]古辞書類(文明本節用集・運歩色葉・易林本節用集・饅頭屋本節用集)や日葡辞書にはいずれも「にんじゅ」とあり、「にんず」の表記は見られない。したがって、古くは「にんじゅ」と読んだと考えられるので、漢籍以外の古い例は「にんじゅ」の項におさめた。

にん‐ずう【人数】

〘名〙 人のかず。人員。あたまかず。また、多くの人。にんじゅ。にんず。〔和英語林集成(初版)(1867)〕

ひと‐かず【人数】

〘名〙
① 人の数。あたまかず。にんずう。
※書紀(720)垂仁即位前(熱田本訓)「以て後宮の数(ヒトカス)に盈(つか)ひたまへ」
② しかるべき人としてかぞえられること。とりたてて数えられる人の中にはいること。人並み。
※宇津保(970‐999頃)蔵開下「殿の御かはり、かのきみの御かはりに、人かずに侍らずとも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報