コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コイトタワー-アンド-テレグラフヒル コイトタワーアンドテレグラフヒル Coit Tower #amp; Telegraph Hill

1件 の用語解説(コイトタワー-アンド-テレグラフヒルの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

コイトタワーアンドテレグラフヒル【コイトタワー-アンド-テレグラフヒル】
Coit Tower #amp; Telegraph Hill

アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコにある、勇敢な消防士に捧げられた記念塔。観光名所として有名なテレグラフヒルの丘に立ち、消火用ホースノズル形をした白亜の塔である。高台の丘からはフィッシャーマンズ・ワーフやダウンタウンなどを見下ろせ、高さ63mの展望デッキからサンフランシスコの町並みが見えるビューポイントとして人気が高い。塔内のフレスコの壁画は壮観といわれる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コイトタワー-アンド-テレグラフヒルの関連キーワードカリフォルニア米バークレーカリフォルニアカリフォルニア・レーズンデーサンフランシスコ交響楽団サンフランシスコマラソンベイ・ツー・ブレーカーズドッカーズ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone