コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白亜 はくあchalk

翻訳|chalk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白亜
はくあ
chalk

チョークともいう。白ないし灰白色の軟質泥状の石灰質岩石細粒。浅海性堆積物で,有孔虫,ウニ,貝殻などの生物より生じた炭酸カルシウムから成ると考えられている。白亜紀を特徴づけている白亜がイギリス南部やフランスに広く分布する。いわゆる白墨にはこれを原料としたものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はく‐あ【白亜/白×堊】

石灰岩の一種。貝殻や有孔虫などの化石を含むこともあり、灰白色で軟らか。主成分は炭酸カルシウム。西ヨーロッパに分布し、ドーバー海峡の両側に露出する地層は有名。白墨の原料とする。チョーク
白色の壁。しらかべ。「―の殿堂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

白亜【はくあ】

チョーク

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の白亜の言及

【チョーク】より

…西ヨーロッパやメキシコ湾岸の上部白亜紀層に特徴的にみられる微細な石灰粒からなる白色未固結の堆積岩で,ドーバー海峡に面する海崖に典型的に発達する。チョークは以前には無機的な炭酸石灰の沈殿物と考えられていたが,電子顕微鏡の発達により,これが主として浮遊性藻類であるコッコリトフォリーダの遺骸(コッコリス)から形成されていることが明らかとなった。…

※「白亜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

白亜の関連キーワードワットマハタートウォラフィハーンワットプラタートドーイコンムートゥンクトゥンガザハラモスクヘースティングズ(イギリス)ハワイのモルモン教寺院ルワンウェリサーヤ大塔トゥーパラマヤダーガバセントジョージ大聖堂グリュックスブルク城セントジョージ教会ワシントンプレースサンタクルス聖堂マスジッドヌガラコッコリス軟泥ホワイトハウスシンピューメーネオヒボリテスパステルピンクタポチョ[山]ドーレス教会

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白亜の関連情報