コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウシュンカズラ Tristellateia australasica R.Rich.

世界大百科事典 第2版の解説

コウシュンカズラ【Tristellateia australasica R.Rich.】

高さ数mまでよじ登るキントラノオ科の常緑つる性木本(イラスト)。ビヨウカズラともいう。葉は対生,無毛の薄い革質で長楕円状卵形,長さ5~15cm。茎頂に総状花序をつけ,直径2cmほどの黄色の花をつける。沖縄から熱帯アジア,さらにオーストラリアにかけての海岸近くに多く,時には観賞用に栽植される。キントラノオ科は,熱帯地方,とくに南アメリカに多い木本性の植物群で,ミカン科ニガキ科,センダン科に近いとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コウシュンカズラの関連情報