コクラン(読み)こくらん(英語表記)Constant-Benoit Coquelin

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コクラン(Constant-Benoit Coquelin)
こくらん
Constant-Benoit Coquelin
(1841―1909)

フランスの俳優。国立演劇学校に学ぶ。喜劇的才にたけ、1864年にコメディ・フランセーズの座員となる。のちにヨーロッパ、アメリカを巡演。97年にはポルト・サン・マルタン座の座頭(ざがしら)に就任した。鋭い眼光、上向きの鼻で特異な表情、甲高い音色を巧みに操る朗唱術、そのうえ役の解釈に優れた彼の演技に魅せられたエドモン・ロスタンは、彼のために『シラノ・ド・ベルジュラック』を書き下ろす。この公演は大成功をおさめ、俳優コクランの名を高からしめた。著書に『芸術と俳優』(1880)、『俳優から見た俳優たち』(1882)などがある。[加藤新吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コクランの関連情報