座頭(読み)ざがしら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

座頭
ざがしら

歌舞伎や人形浄瑠璃一座の首席俳優または人形遣い江戸時代歌舞伎では主演俳優がつとめ,一座の俳優,楽屋,舞台一切を統率し,演出者を兼ね,さらに座元立作者などと興行の運営にも参与した。主として立役に限られ,役割・辻番付では連名の最後の「留め筆」の位置,紋番付では座元の右肩,すなわち上から2段目,右から2列目の位置に書かれた。明治以後は興行方法の変化により,その責任,権限も縮小された。

座頭
ざとう

(1) 中世の商業や手工業,それに芸能などの諸座の長。 (2) 室町時代初期,盲人が結成した当道座の4官 (検校別当勾当,座頭) の最下位。剃髪して平家琵琶,箏,三味線などを弾いたり,あん摩,鍼 (はり) を業とした。江戸時代になると幕府の保護を受け,貧しい者には冥加金が与えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ざ‐がしら【座頭】

最上位の席または人。首座。
演劇・演芸などの一座の頭。座長。特に、歌舞伎では、一座の長で代表格の俳優。

ざ‐とう【座頭】

中世、商工業・芸能など諸座の長。
室町時代、盲人の琵琶法師官名当道座の四官の最下位。検校(けんぎょう)別当勾当(こうとう)に続くもの。
江戸時代、僧体の盲人で、琵琶・三味線などを弾いたり、語り物を語ったり、また、あんま・はりなどを業とした者の総称。
盲人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

座頭【ざがしら】

一座または劇団を代表する首長の俳優をいう。江戸時代の歌舞伎,人形浄瑠璃から用いられた名称。一座の統率者であり,演出者でもあり,種々の特権が付与されていたが,明治以後,興行制度の変化とともに有名無実化した。
→関連項目座頭

座頭【ざとう】

(1)中世での商業,手工業,芸能,村落の宮座などの諸座の長。座頭(ざがしら)(2)座の一つである当道座(盲人の座)の4官(検校(けんぎょう),別当,勾当(こうとう),座頭)の一つで幕府の保護を受けた。やがて,髪をそった盲人で琵琶,箏を弾じて語り物を語ったり,あんま,鍼(はり)を業とする者,さらに盲人一般をも座頭と呼ぶようになった。なお,江戸時代,当道座の座頭は多額の金を保持し高利貸を営んだが,その貸付金を座頭金(ざとうがね)といった。
→関連項目勾当盲人

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ざがしら【座頭】

歌舞伎で,一座の首位に置かれる役者の称。一座の役者を統率し,舞台,楽屋生活に関するいっさいを統轄する権利と責任をもつ。狂言の上演に当たっては,今日の演出家の役割を兼ねた。座元(ざもと),立作者(たてさくしや)とともに興行の経営にも参画し,芝居年中行事で重要な役目を受け持った。たとえば,顔見世興行に先立って座元宅で行われた〈世界定め〉(9月12日)には,立作者,頭取,帳元(ちようもと)とともに参集し,顔見世狂言の〈世界〉や抱え役者の人選などを相談した。

ざとう【座頭】

歌舞伎舞踊。清元。1826年(文政9)9月江戸中村座で2世関三十郎により初演。五変化所作事《歌へす歌へす余波大津絵(かえすがえすなごりのおおつえ)》の一曲。作詞勝井源八。作曲初世清元斎兵衛,4世杵屋六三郎。もとは長唄掛合であった。振付2世藤間勘十郎,4世西川扇蔵。盲目のあんまに縫いぐるみの犬がからむ踊りで,犬のクドキなど,滑稽味が濃い作品。風俗舞踊の一つで,当時流行の田舎節や伊勢音頭もとり入れている。

ざとう【座頭】

(1)座の頭人の意味で,中世の商業や手工業の座,村落で結成された宮座,芸能の座などの長(おさ)をいう。これらの座頭は,座に加わった年数や年齢によって座役をつとめ,その回数が功労となって座頭となるのが普通である。(2)室町時代に盲人の琵琶法師明石覚一によって形成されたと伝える当道座(当道)は,雨夜(あまよ)尊(仁明天皇の皇子人康親王)を始祖とするという琵琶法師の座であった。座頭はこの当道座に設けられた四官(検校(けんぎよう),別当勾当(こうとう),座頭)の最下位。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ざがしら【座頭】

劇団などのかしら。座長。
歌舞伎で、一座を代表する最高位の俳優。多く、立役たちやくの筆頭が勤めた。
一番上座かみざの人。

ざとう【座頭】

中世・近世、僧形の盲人で、琵琶びわ・琴などを弾いたり、また按摩あんま・鍼はりなどを職業とした者の総称。
盲官の一。当道所属の盲人の最下位の位階。検校・勾当の下。 → 当道
盲人。
一座の長。商工業・芸能などの長。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ざ‐がしら【座頭】

〘名〙
最上位にある席。また、そこにすわる人。首座。座長。また、比喩的に最上の物、中心の物の意にもいう。
※多聞院日記‐文明一〇年(1478)八月一四日「於東九条者、座かしらなる故に」
※玉塵抄(1563)一「座敷が三あるぞ。東には弟の陸士龍がいたぞ。西には兄の陸士衡がいたぞ。西頭東頭と云は西頭(がしら)東がしらと云心ぞ。座がしらにいたぞ」
② 演劇、演芸などで、一座の首長。座長。特に、歌舞伎では、全俳優のかしらとなり、立役の首席を占め、楽屋に関するいっさいのことを支配し、舞台での演技指導などをも行なう人。歌舞伎では、立役以外からなることはなく、ほぼ名門出身の者に限られていた。
※歌舞伎・四天王楓江戸粧(1804)六立「『その妖術も叛逆も、いはばめでたき顔見世なれば』『初座頭(ザガシラ)の四天王』」

ざ‐とう【座頭】

〘名〙
① 座席の近辺、かたわら。
※小右記‐正暦四年(993)一一月一二日「外記三人率来〈大臣座頭預置筥三合〉」
② 一座の長。中世には、商業、手工業、芸能などの諸座の長をいう。
※中右記‐天永二年(1111)一〇月一一日「而史実重為座頭之間、指文於竹竿覧中弁間文、已落、凡失礼無極」
③ 中世以降結成された盲人琵琶法師の当道座に設けられた四官(検校・別当・勾当・座頭)の最下位。名の下に「一」、あるいは上に「城」の字を用いることを許された。勾当以上は一般の遊芸人と同席して演奏することが許されないが、これは許され、その場合には必ず上座につくのでこの名が生じた。
※看聞御記‐永享一〇年(1438)三月二六日「公方平家御無数寄歟。名人共御意不快。或被突鼻之間、近年座頭めみする人なし」
④ 盲人で剃髪(ていはつ)して僧体となり、琵琶、箏、三味線、胡弓などを弾いて歌を歌い、語り物を語り、また、あんま、はり、金貸しなどを業とした者の総称。座頭の坊。ざとのぼう。ざっつの坊。ざっとの坊。
※玉塵抄(1563)二七「ここらに座頭の検校が琵琶をけっこうして」
※咄本・軽口露がはなし(1691)三「何と座頭(ザトウ)どのはどなたの御弟子にて候や」
⑤ 目の見えない人。盲人。
※虎明本狂言・三人片輪(室町末‐近世初)「ざとうになってまいらうと思ふてつえを二つこしらへてまいった」
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉六三「幾尋の綱もって座頭(ザトウ)といはず背美(せみ)といはず其腹の下くぐる必死の業(わざ)も」
⑦ ④の風俗、動作などを舞踊化した歌舞伎所作事の総称。うかれ座頭、官に登る座頭、ひょっくり座頭、江の島座頭などがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の座頭の言及

【当道】より

…その芸能が〈平曲〉としてとくに武家社会に享受され,室町幕府の庇護を受けるに及んで,平曲を語る芸能僧たちは宗教組織から離脱して自治的な職能集団を結成,宗教組織にとどまっていた盲僧と区別して,みずからを当道と呼称した。覚一(かくいち)検校(1300?‐71)の時代に至って,組織の体系化が行われ,当道に属する盲人を,検校勾当(こうとう),座頭などの官位に分かち,全体を職(しよく)または職検校が統括し,その居所である京都の職屋敷がその統括事務たる座務を行う場所となった。さらに,仁明天皇の皇子で盲人の人康(さねやす)親王を祖と仰ぐなどの権威づけを行い,治外法権的性格を持つに至った。…

【検校】より

…これらの盲目法師らは幕府の公認で,公家の久我家を本所として,当道座という団体をつくって,盲人の位をつかさどり,職業の専有化をはかった。当道座では,初心,座頭,勾当(こうとう)と地位が進み,最高位が検校であり,京都に住んだ職検校が全体を支配した。検校は法印,勾当は法眼(ほうげん)・法橋(ほつきよう)の僧官に準ずるものとされて,その権威と社会的地位は高かった。…

【民謡】より

…この柳田分類に対して,折口信夫は,柳田のいう民謡を(1)童謡,(2)季節謡,(3)労働謡に分類する以外に,(4)芸謡の存在を挙げている。芸謡は芸人歌のことで,日本では各時代を通じて祝(ほかい)びと,聖(ひじり),山伏,座頭(ざとう),瞽女(ごぜ),遊女などのように,定まった舞台をもたず,漂泊の生活の中で民衆と接触しつつ技芸を各地に散布した人々があり,この種の遊芸者の活躍で華やかな歌が各地に咲き,また土地の素朴な労働の歌が洗練された三味線歌に変化することもあった。瞽女歌から出た《八木節》,船歌から座敷歌化した《木更津甚句》などがその例である。…

【盲人】より

…この平曲の座は天夜尊(あまよのみこと)(仁明あるいは光孝天皇の皇子人康(さねやす)親王ともいう)を祖神とする由来を伝え,祖神にちなむ2月16日の積塔(しやくとう),6月19日の涼(すずみ)の塔に参集して祭祀を執行した。座内には総検校以下検校(けんぎよう),勾当(こうとう),座頭(ざとう)の階級があり,座衆は師匠の系譜によって一方(いちかた),城方(じようかた)の平曲2流に分かれていた。権門を本所(ほんじよ)として祭事を奉仕し,その裁判権に隷従するのは他の諸芸能の座と同様であるが,本所の庇護と座衆の強い結束によって彼らは諸国往来の自由を獲得し平曲上演の縄張を広げ,室町時代に平曲は最盛期を迎えた。…

※「座頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

座頭の関連情報