コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コメディ・フランセーズ コメディフランセーズ

2件 の用語解説(コメディ・フランセーズの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コメディ・フランセーズ

フランスの国立劇場の一つ。フランス劇団または〈モリエールの家〉(モリエール)とも。パリのリシュリュー街にあり,1680年ルイ14世の命により,イタリア劇団に対抗して設立。
→関連項目オッフェンバック国立劇場コンセルバトアールシャルパンティエタルマパリバローモロールノー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コメディ・フランセーズ
こめでぃふらんせーず
Comdie-Franaise

フランスの国立劇団、ときにその劇場(本拠はパリ、リシュリュー街にあるリシュリュー館)もさす。1680年創立の現存する世界最古の劇団の一つ。コメディはここでは喜劇ではなく「悲劇も含む演劇、劇場」の意味。モリエール没(1673)後、彼の一座は競争相手のマレー座と合併してゲネゴー座となり、さらに1680年ルイ14世の命によって王立劇団オテル・ド・ブルゴーニュ座と統合されてパリ唯一の王立劇団としてコメディ・フランセーズが創設された。当時国王によってパリに招かれていたコメディ・イタリエンヌ(イタリア人劇団)と区別するために、コメディ・フランセーズ(フランス人劇団)と名づけられた。モリエールにゆかりがあるので、別名「モリエールの家」Maison de Molireともよばれる。
 創設時にはモリエールの弟子のラグランジュ、シャンメレ夫妻ら俳優27名からなり、パリにおけるフランス語での独占上演権を与えられ、補助金も受けた。劇場は、最初はマザリーヌ街のゲネゴー座、のちにランシエンヌ・コメディ街に移り、1782年にはコンデ公邸跡の今日のオデオン座に移った。ここで1784年ボーマルシェの『フィガロの結婚』が初演されたのは有名。1789年のフランス革命で王立劇団から「国立劇団」となるが、独占上演権は失い、劇場開設が自由化され、ライバルの私立劇場が多く誕生する。革新派の悲劇俳優タルマと王政擁護の保守派が対立し、1791年タルマ派が脱退してリシュリュー街の現在の劇場に本拠を置き、オデオン座の残留組と対峙(たいじ)する。1799年両者がタルマ派のこの劇場で合体し国家からの補助金を得て、劇団規約も制定され国立劇団の形態が整えられた。さらにナポレオンが1812年ロシア遠征中モスクワで発した「モスクワ勅令」が今日の劇団機構の根幹になった。フランスの伝統を重視する劇団として各時代の演劇の中心をなし、18世紀のルカン、クレロン、19世紀前半のタルマ、ラシェル、後半のムネ・シュリー、コクラン、大女優サラ・ベルナール、20世紀のルドゥー、シャロン、イルシュ、バロー、アニー・デュコーら名優が輩出した。第二次世界大戦直前にはコポー、ジューベらの気鋭の演出家を招いて刷新を図った。本拠のリシュリュー館では、主としてコルネイユ、モリエール、ラシーヌ、マリボー、ボーマルシェなどの古典作品をレパートリー・システムで日替り上演することを基本とするが、機構改革をして現代劇にも意欲を示している。
 劇団は正座員(ソシエテール)約40名(うち1名首席俳優=ドワイヤン)、1年契約の準座員(パンシオネール)約30名の俳優のほかに、約300名の従業員からなり、政府任命の総支配人(多くは俳優、演出家、ときに劇作家)が劇団を統括し、国からの補助金を管理する。正座員任命、劇団予算、収益配分も、総支配人が主宰する正座員総会で決定される。いわば俳優の「協同組合」的な性格をもつところに特色がある。演目選定には外部の人も含む文芸委員会が設けられている。現在の劇場(リシュリュー館)は1974~76年に大幅に改装され、客席数は892とかなり減少した。また第二次世界大戦後コメディ・フランセーズの第二劇場となっていたオデオン座は、1959年近代劇中心の独自の国立劇場となり、83年からは「オデオン・ヨーロッパ劇場」として国際的な活動を行っている。このためコメディ・フランセーズは、その後パリ市内に別の劇場を二つもって活動している。一つはコポーが創設したことで知られる元のビュー・コロンビエ座を改装して1993年に第二劇場(客席数330)としたもので、主として現代劇上演の拠点にしている。さらに96年からはルーブル美術館わきに小さなスタジオ劇場(客席数136)を第三劇場として発足させ、主として短編の実験的な新作戯曲を取り上げている。コメディ・フランセーズは1962年(昭和37)に初来日、その後計3回来日公演を行っている。[伊藤 洋]
『パトリック・ドゥヴォー著、伊藤洋訳『コメディ=フランセーズ』(1995・白水社)』
「フレデリック・ワイズマン監督『コメディ・フランセーズ――演じられた愛』DVD(2000・アイ・ヴィー・シー)、『コメディ・フランセーズ――演じられた愛』VHS・上下巻(2000・紀伊國屋書店)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コメディ・フランセーズの関連キーワードフランシウムフランス領ギアナフレンチコメディーフランセーズフランス窓CNESフランス刺繍フランスソワールマンデスフランスENA

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コメディ・フランセーズの関連情報