コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コノトープ Konotop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コノトープ
Konotop

ウクライナ北東部,スームイ州の都市。州都スームイの西北西約 120kmにあり,ドネプル川水系エズチ川にのぞむ。 1625年,ポーランドクリミア・タタールに対するロシアの辺境要塞として建設され,1780年に市となった。 20世紀に入って鉄道が通じてから急速に発展しはじめ,鉄道関連企業が立地するほか,鉱業用自動計器製作,建設資材,縫製などの工場や食肉コンビナートがある。市内にはハリコフ工科大学の総合技術学部がおかれている。人口9万 8000 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android