コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コノハノリ Laingia pacifica Yamada

1件 の用語解説(コノハノリの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コノハノリ【Laingia pacifica Yamada】

体は膜質,葉状で,中肋と側脈をもち,美しい紫紅色の薄い高等植物の葉を思わせる紅藻綱コノハノリ科の1種(イラスト)。北海道沿岸,サハリン,朝鮮,カムチャツカ沿岸の漸深帯の岩上に生育する。幼時は楕円形または倒卵形などであるが,生長するにつれて葉部の縁辺に裂け目ができるなどして脱落し,後に中肋と側脈のみを残すようになる。受精卵から発達した囊果はほぼ球形で短柄をもち,脈の上や脈と脈の間に形成される。似た種類にスズシロノリHolmesia japonica (Okam.) Okam.,ヌメハノリDelesseria violacea (Harv.) Kylin,ライノスケコノハノリPseudophycodrys rainosukei Tokida,ハブタエノリHemineura schmitziana De Toni et Okam.などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コノハノリの関連キーワード双翅類側脈異翅類中肋撚翅脈を取る葉状茎葉状体膜質チャタテムシ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone