コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コフタバラン(小二葉蘭) コフタバランListera cordata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コフタバラン(小二葉蘭)
コフタバラン
Listera cordata

ラン科の小型の多年草。北半球の冷温帯に分布し,日本では亜高山の針葉樹林中に生える。この属の種は茎の途中に2枚の三角状卵形ないし腎臓形の無柄の葉を対生するのでフタバラン属というが,日本には本種を含めて数種あり,いずれも深山の林下にひっそりと生える。ミヤマフタバラン L. nippo-nica,タカネフタバラン L. yatabeiなどは亜高山帯の針葉樹林に,アオフタバラン L. makinoanaは落葉広葉樹林にみられる。夏に,総状花序をなして緑黄色の小花を 10個ほどつける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android