コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コホルス cohors

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コホルス
cohors

古代ローマの軍団の単位。本来「囲い地」を意味した言葉だが,のちには共和政期ローマ軍団の単位を表わすようになった。1軍団は 10コホルス。1コホルスは共和政期に 420名,帝政期には 600名。それぞれ2中隊,6ケンツリアに分れていた。そのほか,将軍の親衛隊 cohors praetoriaや補助軍 (アウクシリア ) の単位,ローマ市警察隊 cohortes urbanaeなどにも用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android