コムソモレツ[島](英語表記)Ostrov Komsomolets

世界大百科事典 第2版の解説

コムソモレツ[島]【Ostrov Komsomolets】

ロシア連邦北部,北極海にあるセベルナヤ・ゼムリャ諸島のうち,最北端にある島で,諸島第3の大島。面積9006km2,最高点は標高780m。島の3分の2は氷河におおわれ,その他低地部も裸地かツンドラである。1913年ロシアのB.A.ビリキツキー探検隊により発見され,32年,G.A.ウシャコフ探検隊が命名した。【渡辺 一夫

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android