コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コメットシーカー comet seeker

デジタル大辞泉の解説

コメット‐シーカー(comet seeker)

新彗星(すいせい)の発見を目的とする望遠鏡。広い視野をもち、観測者が常に同じ姿勢で全天を観測できるように造られている。彗星捜索鏡。彗星探索機

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コメットシーカー

彗星捜索鏡」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のコメットシーカーの言及

【彗星掃索鏡】より

…コメットシーカーともいう。いつどこに現れるかわからない新すい星を発見するのにつごうよく設計された望遠鏡。…

※「コメットシーカー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コメットシーカーの関連キーワード彗星掃索鏡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android