コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彗星捜索鏡 すいせいそうさくきょうcomet seeker

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

彗星捜索鏡
すいせいそうさくきょう
comet seeker

コメットシーカーともいう。 19世紀以来,彗星小惑星発見を志す観測家によって用いられてきた低倍率で視野の広い望遠鏡。写真による発見が主体となった今日でも,しばしばこれによる実視観測が功を奏することがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android