コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コヨアカン Coyoacán

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コヨアカン
Coyoacán

メキシコ中部,メキシコ市南部,コヨアカン地区の行政中心地。スペインによる征服以前にさかのぼる古い集落にはじまる町で,メキシコ征服者 H.コルテスがアステカ族の首都テノチティトランを攻撃する際,その進軍基地となり,ヌエバエスパーニャ (「新スペイン」の意で,メキシコ一帯のスペイン植民地の呼称) の最初の首都がおかれた。市内にはドミニコ会修道院 (1530) ,聖フアン・バウティスタ聖堂 (83) をはじめとする古い植民地時代の建物が保存されている。現在はメキシコ市大都市圏に含まれ,おもに首都の郊外住宅地となっている。メキシコ自治大学の校舎が近くにある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コヨアカンの関連キーワードメキシコ国立自治大学〈UNAM〉の中央大学都市キャンパスメキシコカーロ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android