コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文教地区 ブンキョウチク

大辞林 第三版の解説

ぶんきょうちく【文教地区】

都市計画法で定める特別用途地区の一。学校・図書館・博物館などの施設が集まっている地域。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文教地区
ぶんきょうちく

都市計画法に定められた地域地区のうち、特別用途地区として設けられた地区の一つ。特別用途地区は特別の目的からする土地利用を増進し、用途地域(住宅、商業、工業など)を補完するものとされている。文教地区は学校その他教育施設を中心とする良好な環境を維持しようとするもので、細かい点は条例によって定められる。建築物の用途などに制限が加えられる。たとえば東京都の国立(くにたち)市は市域の3分の1が文教地区に指定され、風俗営業や工場建設に規制がある。[山鹿誠次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

文教地区の関連キーワードブルームズベリーグループサンジェルマンデプレ広島県広島市安佐南区京都府京都市左京区北海道札幌市北区クローンスタット兵庫県神戸市灘区普天間基地問題辺野古移設問題ゲールズバーグケンジントン野幌森林公園ゾーニング城南[区]幕張新都心石井和紘江戸川台東[区]南[区]戸山ヶ原

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文教地区の関連情報