コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コラット Korat

2件 の用語解説(コラットの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

コラット【Korat】

ネコの一品種。タイ原産。シルバー-ブルーの被毛をもつ短毛種。シャムとともに古くからタイで飼育された品種。ハート形の頭部が特徴。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬&猫:ペットの品種がわかる事典の解説

コラット【Korat】

タイで自然発生した短毛の猫の品種。セミコビー・タイプブルー呼ばれる銀色の被毛と、ペリドット・グリーンと呼ばれる緑の瞳が特徴である。タイでは古くから「幸せを呼ぶ猫」と信じられ、贈り物にもされている。日本映画吾輩は猫である」(1975年)の吾輩役がこの品種。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コラットの関連キーワードシャムシャルトリューマンクスマンチカンエジプシャン・マウカラーポイント・ショートヘアシンガプーラソコケピクシーボブヨーロピアン・バーミーズ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コラットの関連情報