コラール・プレリュード(英語表記)chorale prelude

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コラール・プレリュード
chorale prelude

オルガン曲の形式。ドイツ・プロテスタントのコラール (衆賛歌) の旋律に基づき,これを装飾したり,動機的に展開したり,変奏したりすることによって作られる小曲。会衆がコラールを斉唱する前にオルガニストが即興的にその旋律に手を加えて演奏することから起った。ブクステフーデパッヘルベル,バッハ,レーガーらの曲が有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android